a

2018-2019
season

東室ウィークリー

東室ウィークリー

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.82】

    2019.02.08

    【東室ウィークリー Vol.82】 2月に入ってはや1週間。 東室では3月のみなとみらい、サントリーホールでのコンサートへ向けて、 様々な準備でだんだん忙しくなってまいりました。 どの公演もきっと楽しいものになると思いますのでどうぞご期待ください! さて、今回の東室ウィークリー Vol.82は当団コンサート・コンシェルジュでもあり、 副首席ヴァイオリン奏者の「中村 備生(なかむら そのう)」さんです! 「ぼくとわたしのコンサートデビュー」シリーズのお話&ナレーションでもおなじみの中村さんに、当シリーズへの思いや、「不滅の映画音楽&タンゴ」については当団前音楽監督のいわくぼささを氏との思い出を語っていただきました。 皆さま、こんにちは。 2018-2019シーズン、東京室内管弦楽団は、創立90周年を迎えます。 90年という長い歴史、そして100周年とその先へ~大海の一滴として、自分が身を置ける事、大変光栄に思います。 今日は、90周年を記念して、3月29日、サントリーホールにて開催される二つのコンサートについてお話させて頂きます。 午前の部は、「ぼくとわたしのコンサートデ…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.81】

    2019.02.01

    【東室ウィークリーVol.81】 つい最近お正月だった気がするのですが、早いものでもう2月です。 2月は日数が少ないこともあり毎年一瞬で過ぎ去ってしまうので、一日一日を大切に過ごしていきたいですね。 さて、今度の東室ウィークリーのテーマは2月3月と続けて、「東室90周年コンサートに向けて」として東室をよく知るメンバーに東室の昔話やこれからについて、 そして3/29の90週年コンサートについてなどをお話しいただきます! vol.81の今回は当団トランペット奏者およびエデュケーション・プログラム・アドヴァイザー、作編曲も手がけていらっしゃる「三澤 慶(みさわ けい)」さんにお伺いしました。 東室の音楽やご自身の作編曲について、90週年コンサートの聞き所などたくさんお話しいただきましたのでどうぞご覧ください! 突然ですが、みなさんはオーケストラのコンサートには何を目当てに行きますか? 国内のオーケストラの場合、ズバリ「プログラム」という方もいらっしゃるでしょうし、シェフ(指揮者)で選ぶという場合も。 また、海外のオケの場合はプログラムより、むしろ「そのオケ」を聴きたい!という方も多いのではな…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.80】

    2019.01.25

    【東室ウィークリーVol.80】 1月も残す所僅か、オーケストラは週末にある、鑑賞教室に向けて着々と準備をしております。 さて、東室ウィークリー今月のテーマは「雪国での演奏生活」という事で、 寒い地域で演奏活動をされていたり、雪国出身の演奏家の方にお話を伺いたいと思います。 2人目にお話し頂きますのは、山形県にお住いのチェロの加藤皓平(かとう こうへい)さんです!! 積雪地域に必須のあの物についてのエピソードをお楽しみ下さい。 こんにちは、チェロの加藤皓平です。皆さんお久しぶりです。 前回の東室ウィークリーでもちょこっと触れさせて頂きましたが、 私は現在、山形県の尾花沢市に住み、尾花沢市内の自宅から東室のお仕事に通っております。 夏は美味しいスイカが有名な尾花沢ですが、 冬になると、ここは年間積雪量が9メートルを超える豪雪地域になります。 「雪国は楽器の管理は大変なんじゃないの?」とよく聞かれますが、 私は以前埼玉に住んでいまして、その頃は夏の湿気と冬の乾燥には気をつけていました。 対して尾花沢は埼玉の時のような極端な気候の変化が無いため、特に気にしておりません。 気温についても、楽器…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.79】

    2019.01.18

    【東室ウィークリーVol.79】 新年から早くも2週間が経ち、お正月ムードもすっかり過ぎ去り、 事務局も今後の公演に向けてフル稼働し始めました。 東室ウィークリー今月のテーマは「雪国での演奏生活」という事で、 寒い地域ならではのお話をピックアップした演奏家の方に伺いたいと思います。 まず最初にお話しして頂きますのは、今シーズンよりレジデントメンバーになりました、 富山県出身のヴィオラ副首席奏者の内山隆達(うちやま たかみち)さんです。 木で出来ている楽器の管理方法や、衝撃のエピソードも… どうぞご覧ください! はじめまして!2018年から東室メンバーとなりましたヴィオラの内山隆達(うちやまたかみち)と申します。 富山県出身で、愛知県立芸術大学を卒業しました。 長い歴史のある東室さんの演奏活動に参加できることをとても光栄に思っております。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします! さて、雪国の富山県出身者であるということで、 この度は「雪国での演奏生活」をテーマにお話させていただきたいと思います。 雪国ならではの苦労といえば、やはり「雪かき」でしょうか。 朝起きたら雪が膝上あたりまで積も…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.78】

    2019.01.11

    寒波が来ておりますゆえ、事務局のある東京もかなり冷えてきていますが、 そんな寒さに負けずにアツいコンサート、SNS担当としては広報もバリバリやっていきます! 2019年の東室ウィークリー、初週は事務局からのご挨拶とさせていただいたため特別編となりましたので、 実質今回が2019年のウィークリー始めと言っても良いでしょう。 そんなVol.78は、プリンシパルコンダクターの橘直貴(たちばな なおたか)氏に2019年の抱負、 これからの東室についてなど、沢山語っていただきました。 ぜひお読みください! 明けましておめでとうございます。 東京室内管弦楽団では、昨年も音楽を通じて本当にたくさんの皆さまとの心の繋がりや交流が持てました。 とてもありがたいことだなと、年の瀬のひととき一つ一つの公演を思い返しておりました。 そして、今年もまた新たな出会いや感動の瞬間を分かち合えることに期待が膨らみ、今から既にワクワクしております。 私たちは親しみと愛情を込めて当・東京室内管弦楽団のことを東室(とうしつ)と呼んでおりますので、この文章においても以下、東室と書いて参ります。 東室は創立90周年を迎える歴史…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.77】

    2019.01.04

    【東室ウィークリー Vol.77 特別編】 年賀状ではご挨拶させていただきましたが、改めまして 新年明けましておめでとうございます。 2019年第1号となる東室ウィークリーは事務局より新年のご挨拶と、 開催の決定しているコンサートにつきましてご案内をさせていただきたいと思います。 前回の東室ウィークリーでもお伝えしましたとおり、2018年は本当に様々な規模や形態で 様々なジャンルの音楽をお届けしてまいりました。 2019年も皆様に心から楽しんでいただけるよう、「求められる演奏活動」の理念の基、 事務局演奏家一同精進いたしますので、日々進化し続ける東室の演奏会にぜひご期待ください! また、3月29日には東室創立90周年として、サントリーホールで特色豊かな3公演を予定しております。 長年に渡る演奏活動の集大成としてのコンサート、ぜひ会場まで足をお運びいただければと思います。 東室の2019年最初の演奏会は富山県での「ぼくとわたしのコンサートデビュー」です! 1/5-6の二日間、2会場にて開催いたします! ■2019年1月5日(土) 新川文化ホール 大ホール 開演 15:30 (15:00開…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.76】

    2018.12.31

    【東室ウィークリー Vol.76 特別編】 クリスマスも終わり、もう大晦日です。 いよいよ明日からは2019年。 東室ウィークリーも2018年最後の更新となります。 1月初頭、富山県で恒例のファミリーコンサートから始まった東室の2018年。 主催の公演はもちろん、本当に多種多様な様々なコンサートに出演いたしました。 全てご紹介するととてつもない量になってしまうため、 ある程度まとめてとはなりますが東室の一年間(2018.年4月から)を振り返ってお伝えしたいと思います!     【主催公演】   「Chamber Music Style」は4月、11月と開催。 4月のop.10ではフォーレのマスクとベルガマスクをメインに、 2018年、生誕200年を迎えたロッシーニの絹のはしご序曲、チャイコの弦セレ、 そして当団コンマスの小笠原伸子さんによる、モーツァルトのトルコ風をお聴きいただきました。   11月のpp.11では物集女純子さん、小笠原伸子さんの両コンサートマスターと東室豪華メンバーによる弦楽五重奏で、 CMS初のサロンコンサートは満席の大盛況となりました。CMS.op.12…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.75】

    2018.12.21

    【東室ウィークリー vol.75】 今月半ばに入ってから、急に寒くなりすっかり冬真っ只中!という感じになってまいりましたね。 ウィークリー担当は手袋・帽子・マフラーのフル装備で毎朝寒さに立ち向かっています。 さて、今月3回目となりました東室の演奏家に聞く「楽器のメンテナンス&アクセサリー」、 今回のVol.75は首席オーボエ奏者の林憲秀(はやし のりひで)さんです! オーボエ奏者ならではの苦労やちょっと変わったグッズをご紹介いただきました! それではどうぞお楽しみください!   東室ウィークリーをご覧の皆様、こんにちは。 オーボエ奏者の林 憲秀です。 年の瀬はなにかと慌ただしいですが、そこで大掃除にちなんで、ということで楽器のお掃除について皆さんにご紹介させていただきたいと思います。 オーボエ奏者に限らず、管楽器は楽器に息を吹き込んで演奏するので、管内に水が溜まります。 汚い話とお思いかと存じますが、溜まっている水分中には、もちろん唾液も含まれているとはいえ、そのほとんどは外気より暖かい空気が管内に送り込まれたことによって発生する結露、要するに水蒸気なんです。 この水を放って…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.74】

    2018.12.14

    【東室ウィークリー vol.74】 早いもので今年も残り二週間とちょっとになりました。 もうすぐにクリスマス、年末と慌ただしい日々が続きますが、 そんな時こそ東室ウィークリーを読んで一息ついていただければ、と思います♪ 12月のテーマは「楽器のメンテナンス&アクセサリー」。 今週のvol.74は首席ヴィオラ奏者の河野理恵子(こうの りえこ)さんに 普段愛用しているグッズを写真と併せてご紹介いただきました! どうぞご覧ください!   こんにちは⭐️ 東京室内管弦楽団、首席ヴィオラ奏者の河野理恵子です。 今回のテーマは「楽器のメンテナンス&アクセサリー」とのこと。 私は、普段愛用している楽器関連のグッズやアクセサリーをご紹介します。 まずは、ヴァイオリン、ヴィオラ奏者が、安定した姿勢を保つ助けになる《肩当て》。 沢山種類があって、例えばこんな感じになります❣️ 東室violinのMさんにご協力いただきました😃(写真①) 私も長いこと使っていましたが、試しに外して弾いてみたら、鎖骨を通して伝わる響きが心地良く、…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.73】

    2018.12.07

    【東室ウィークリー vol.73】 12月に入りはや一週間。今年ももう残すところあと3週間程となりました。 この時期は仕事やイベント事などが建込み忙しくなりますが 良い年末年始を迎えられるよう、無事に過ごしたいものですね。 さて、12月の東室ウィークリーは、年末の大そうじというところから少し音楽方面に発想を飛ばして、 「楽器のメンテナンス&アクセサリー」です! 楽器を演奏する人にはあるある、またはグッズ選びの参考に、 演奏しない人には楽器のことを知って「なるほどなー」と楽しんでもらえれば嬉しいです。 vol.73の今回はホルン奏者の安田健太さんにホルンのメンテナンスや便利グッズを紹介していただきました! それではどうぞお楽しみ下さい。   こんにちは!東京室内管弦楽団ホルン奏者の安田健太です。 普段皆様にお聴きいただいている我々オーケストラの演奏は、想いの媒介である楽器なくしてはあり得ず、 その充実した旋律を奏でるには、楽器のご機嫌も伺いながらリハーサルを進めなければなりません。 楽器が不機嫌ですと、どんなに素晴らしいテクニックも活かしきることが出来なくなってしまいま…
    [続きを読む]