a

2019-2020
season

新着情報

新着情報

  • 【11/12 当日券&レイトチケットのご案内】Luxury Classics

    2019.11.10

    【当日券&レイトチケット情報 】 11/12(火)19:00開演 (18:30開場) 横浜みなとみらいホール 小ホール Luxury Classics feat. Junko MOZUME 〜 Violin Lover’s 〜 当日券を18:00(開場30分前)より、小ホール行きエレベーター前(1F)にて販売いたします。 レイトチケットは19:20頃より販売いたします。 レイトチケットとは、公演日、開演時間後より販売開始し、 当日券売り場(受付)にて50%割引でプログラム後半よりご鑑賞いただけるお得なチケットです。 この機会にぜひご利用ください。 当日券含め、残席がなくなり次第、販売終了いたします。 予めご了承ください。 皆様のご来場をお待ちしております。 ◆ プログラム サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 ロ短調 op.61 パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.6 ◆ 出演 ヴァイオリン:物集女純子 指揮:橘直貴 公演詳細はこちらをご覧ください。    

  • 【東室ウィークリー Vol.111】new!

    2019.11.01

      【東室ウィークリーVol.111】~特別編~ 10月も終わり、11月がやってきました!! もう秋も終盤…本当にあっという間ですね。 今週の東室ウィークリーは、昨日10/31に公演が行われた「オペラ 石見銀山 完全版 東京特別公演」において、オーケストラピットでの演奏しましたことを受けて、客席からは見えづらいピットの中はどのようになっているかをお伝えしていきます! ★コンサートマスターを少し高くする この工夫の意図する理由は、オーケストラピットは基本的にすべてフラットな状態がほとんどで、コンサートマスターから近い人は見ることが可能ですが、コンサートマスターから遠い管楽器や打楽器群などは弦楽器の人と被ってしまい、見えなくなってしまう事が多いです。 そのため、コンサートマスターをあえて1段上げることによりどこの場所からでも見えるようになります。 ★ピット特有の配置 オーケストラピットでは、通常の舞台よりも奥行きや幅が狭いために楽器配置でも少し工夫をしなくてはなりません。 一般的に、オーケストラの配置は客席側から順に、弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器のように配置されます。しかし…
    [続きを読む]

  • 【東室ウィークリー Vol.110】

    2019.10.25

    【東室ウィークリーVol.110】~特別編~ こんにちは、今回の東室ウィークリーは特別編といたしまして11月12日(火)に横浜みなとみらいホール 小ホール、「Luxury Classic ~Feat . Junko MOZUME ~Violin Lovers~」で演奏する、 【サン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番】と【パガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番】について、 少しお話ししたいと思います。 公演の詳細につきましてはこちらのURLよりご覧ください。 ➡https://tco.or.jp/20191112-luxury-classics/#content_wrapper ヴァイオリン協奏曲というと一般的には、チャイコフスキー、メンデルスゾーン、ベートーヴェン、ブラームス等が作曲した協奏曲が人気があり、日本でも日々演奏される機会が多いですが、今回取り上げる協奏曲は、今回でなんと3年連続となる、サン=サーンスの協奏曲第3番とパガニーニの協奏曲第1番です。 サンサーンスの協奏曲は一見地味な印象ですが、オシャレで音楽的難易度も高く、聴く人の感性に響くような演奏力が求められる…
    [続きを読む]

  • 【東室ウィークリー Vol.109】

    2019.10.18

    【東室ウィークリーvol.109】 10月も半ばを過ぎ、ここ数日ですっかり涼しくなりました。 少し前まで暑いくらいの日々がもう昔のようです。 さて、Vol.109となる東室ウィークリーは、 ハンガリーにて海外留学をされていたヴァイオリン奏者の 門野由奈(かどのゆうな)さんに海外留学とその生活について、 良かったこと、ちょっと失敗してしまったことなど、赤裸々にお話しいただきました! 門野さんが過ごした素敵な5年間をどうぞご覧ください。 普通のおけいこ事としてヴァイオリンを習い始めた私は、 父の仕事で幼少期3年間カナダで過ごすことになりました。 カナダは移民も多く、学校では足並みを揃えて授業を進めるのが難しいくらいに色々な人種がいて、 肌の色や文化の違いを受け入れ合うことを学びました。 ヴァイオリンが好きになったのも、この時に出会った先生がのびのび教えてくれたおかげです。 小2で帰国し、どちらかというと足並みを揃える日本の文化に馴染むのに少し時間がかかったのを覚えています。 そんな中、東京のど真ん中に住みながら、昔ハンガリーで勉強していた先生に出会いました。 発表会にはハンガリーの民族衣装…
    [続きを読む]

  • 【10/10 当日券&レイトチケットのご案内】平日マチネ Act.8

    2019.10.08

    【当日券&レイトチケット情報 】 10/10(木)14:30開演 サントリーホール ブルーローズ 平日マチネ Act.8 〜午後のひととき、ちょっと気軽にモーツァルト〜 当日券を13:30(開場30分前)より、ブルーローズエントランス(受付)にて販売いたします。 レイトチケットは14:50頃より販売いたします。 レイトチケットとは、公演日、開演時間の20分後より ホール当日券売り場にて50%割引にて販売をさせていただくお得なチケットです。 この機会にぜひご利用ください。 当日券含め、残席がなくなり次第、販売終了いたします。 予めご了承ください。 皆様のご来場をお待ちしております。   オール・モーツァルト・プログラム ・交響曲 第21番 イ長調 K.134 ・クラリネット協奏曲 イ長調 K.622 ・交響曲 第40番 ト短調 K.550 バセットクラリネット:フェルディナント・シュタイナー (ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団 首席クラリネット奏者) 公演の詳細はこちら

  • 【東室ウィークリー Vol.108】

    2019.10.04

    【東室ウィークリーvol.108】 10月に入りました! 今回のVol.108は、つい先日、9/24~10/1までの間、島根県出雲市にて行われておりました、 東室ブラスアンサンブルによる小中学校音楽鑑賞教室ツアーを終えて、同県同市出身の首席トロンボーン奏者、井上康一さんに率直な感想を含め、沢山お話しいただきました。 井上さんの今回のツアーに込めた想いをひしひしと感じられる今週の東室ウィークリー、ぜひ最後までお読みください。 『東京室内管弦楽団ブラスアンサンブル出雲ツアー』 ~出雲市小中学校音楽鑑賞教室& 東京室内管弦楽団ブラスアンサンブルコンサート&金管楽器打楽器クリニックを終えて~ 今回の出雲小中学校鑑賞教室に東京室内管弦楽団ブラスアンサンブルで行くことが決まったのが今年の2月でした。 出雲市(旧出雲市の地区)の鑑賞教室は企画提案書を提出してきた団体の中から、 教育研究会(音楽)の先生方によって選出されます。 その後、鑑賞教室期間中の公演の無い土曜日、日曜日に、 演奏会とクリニックのお話しを島根県吹奏楽連盟出雲支部様よりいただきました。 出雲の鑑賞教室のご担当の先生との打ち合わせや東…
    [続きを読む]