a

2020-2021
season

新着情報

新着情報

  • 【チケット発売情報 】本日10:00より発売開始! ♯平日マチネ Act.9

    2020.03.04

    【チケット発売情報 】本日10:00より発売開始! 2020-2021 Spring 平日マチネ Act.9 ~午後のひととき、ちょっと気軽に”モーツァルト”~ 日時:2020年5月14日(木)14:30開演/14:00開場 会場:サントリーホール ブルーローズ 指揮:菅野宏一郎 ◆プログラム オールモーツァルトプログラム ・交響曲 ニ長調 KV.196,121(207a) (オペラ”偽の女庭師”より) Symphony in D major, K. 196+121(207a) from the opera “La finta giardiniera” ・交響曲 ニ長調 ハフナー KV.250(248b) (ハフナーセレナーデより1,5,6,7,8楽章、モーツァルト自身の編曲による) Symphony in D major, KV.250(248b) “Haffner” , the 1st, 5th, 6th, 7th and 8th Mov. from “Haffner Serenade”…
    [続きを読む]

  • 【3月・4月 主催公演について 】

    2020.03.02

    【3月・4月 主催公演について】 この度の、新型コロナウィルスの感染拡大防止に係る政府発表の方針、要請を受け、 一般社団法人東京室内管弦楽団では、下記、3月・4月に於ける主催公演開催について、 現在検討しております。 【実施・中止・延期】につきましては、順次、当団ホームページ、SNS等で発信させていただきます。 皆様のご理解賜りますようお願い申し上げます。 ———————————————————– 2020年3月20日(金・祝) 開演11:00(開場10:30) 会場: サントリーホール ブルーローズ ぼくとわたしのコンサートデビュー スプリング編 公演の詳細はこちら —————————————&…
    [続きを読む]

  • 【東室ウィークリー Vol.120】new!

    2020.02.10

    【東室ウィークリー Vol.120】 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 今回は東室ウィークリーをお届けさせていただきます。 当団ミュージックパートナーの志村健一氏に間もなく開催となる、2月15日のコンサートに向けてお話を頂きました。 当団との関わりから、コンサートについて、CDレーベル「DEGA」についてもお話いただきましたので、今回は2日間(※)にわたり東室ウィークリーをお届けしたいと思います。 ※Facebook掲載時。東室ホームページ版では1ページにまとめて掲載しております。 当団と志村マエストロとの関わり、そしてロシアとの交流、CDレーベルの発足について、 そしてソリストを務める、当団ソロ・コンサートマスターの物集女純子さん、首席トランペット奏者の津守祥三さんとのロシアでの取り組みの様子や、コンサートの聞き所についてお話いただきました。 それではどうぞ!! 東京室内管弦楽団(以下、東室)ミュージックパートナーの志村健一です。『Luxury Classics Maestor Select Vol.2~日露文化交流・平和祈念~』も開催の1週間前となりました。 改めまして、本公演…
    [続きを読む]

  • 【チケット発売情報 】Winds meets Orchestra op.2 販売開始!→ 公演延期(振替公演日未定)

    2020.02.10

    日頃より東京室内管弦楽団の公演に格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。 このたび、新型コロナウイルス感染症の拡散防止のため、 本公演をやむなく延期(延期日未定)することを決定いたしました。 すでにチケットをご購入頂いております皆様方には、多大なるご迷惑をお掛けしてしまいますが、 感染拡大を防ぐためこのような判断をいたしました。 ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 本公演を楽しみにお待ち戴いておりました多くのお客様には、 出演者、事務局一同、心よりお詫び申し上げます。 本公演は延期日未定のため、払戻しさせていただきます。 払戻しについてはこちらをご参照ください。 →https://tco.or.jp/information/20200306/ 【チケット発売情報 】 「Winds meets Orchestra op.2 」チケット販売開始!   Winds meets Orchestra op.2 オーケストラで奏でる吹奏楽の名曲 2020年4月25日(土) 開演14:00(開場13:15) 会場: ミューザ川崎シンフォニーホール ◆ プログラム ・保科 洋:復興 …
    [続きを読む]

  • 【東室ウィークリー Vol.119】

    2020.01.31

    【東室ウィークリーVol.119】 皆様ご機嫌いかがでしょうか!? 最近は雨風が強い日があったかと思えば、1月下旬とは思えないほど暖かい日があったりと、 なんとも慌ただしい天気が続いております。 また、今流行しているコロナウィルスも猛威を振るっているようですので、 皆様体調にお気をつけてお過ごし下さいませ。 さてさて、今週の東室ウィークリーは当団チューバ奏者の国木 伸光(くにき のぶみつ)さんに チューバという楽器が、オーケストラと吹奏楽ではどんな役割を果たしているのか、 という事についてお話し頂きました! それでは早速ご覧ください!!どうぞ!! こんにちは。 今回の東室ウィークリーを担当しますテューバの国木伸光と申します。よろしくお願いします。 今回は吹奏楽においてのテューバの役割と、オーケストラにおいてのテューバの役割について対比して書いてみたいと思います。 基本的に吹奏楽の場合は、テューバが低音域の役割を担うのですが、 オーケストラの場合の低音はコントラバスが主体になると思います。 吹奏楽の場合は1つのパートを複数人で演奏する事が多いですが、オーケストラの場合はテューバは基本1人…
    [続きを読む]

  • 【東室ウィークリー Vol.118】

    2020.01.24

      【東室ウィークリーVol.118】 事務局は本日も平常営業です。 寒さは感じますが、耳が痛くなるような寒さはなく少しさびしい気もします。 みなさまはいかがお過ごしでしょうか。 さて、今回は東室ウィークリーをお届けさせていただきます! 今回は当団ホルン奏者の、安田 健太さんです。 今回はホルンについて少し込み入った事を伺いました。 私スタッフは、誠に失礼ながら、ホルンはクラシックや吹奏楽で活躍する楽器ではありますが、そこからなかなか活動の場が広がることのないイメージを持っています。。 しかしながら、様々な音色で表現できるホルンの活動の場はより広がっていいとも考えます。 安田さんには、その「ホルンの可能性」について伺いました! ご自身の活動についてもお話しいただきましたので、是非ご覧ください!! 皆様こんにちは。如何お過ごしでしょうか? 東京室内管弦楽団ホルン奏者の安田健太です。 今回のテーマは「ホルンの可能性について」だそうです。 オーケストラの中で雄大に吠えるホルン、またはおおらかに暖かく歌い上げるホルン、 いずれもお客様の耳と心に深い印象を与えることが出来ると思っており…
    [続きを読む]