a

2018-2019
season

東室ウィークリー

東室ウィークリー

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.79】new!

    2019.01.18

    【東室ウィークリーVol.79】 新年から早くも2週間が経ち、お正月ムードもすっかり過ぎ去り、 事務局も今後の公演に向けてフル稼働し始めました。 東室ウィークリー今月のテーマは「雪国での演奏生活」という事で、 寒い地域ならではのお話をピックアップした演奏家の方に伺いたいと思います。 まず最初にお話しして頂きますのは、今シーズンよりレジデントメンバーになりました、 富山県出身のヴィオラ副首席奏者の内山隆達(うちやま たかみち)さんです。 木で出来ている楽器の管理方法や、衝撃のエピソードも… どうぞご覧ください! はじめまして!2018年から東室メンバーとなりましたヴィオラの内山隆達(うちやまたかみち)と申します。 富山県出身で、愛知県立芸術大学を卒業しました。 長い歴史のある東室さんの演奏活動に参加できることをとても光栄に思っております。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします! さて、雪国の富山県出身者であるということで、 この度は「雪国での演奏生活」をテーマにお話させていただきたいと思います。 雪国ならではの苦労といえば、やはり「雪かき」でしょうか。 朝起きたら雪が膝上あたりまで積も…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.78】

    2019.01.11

    寒波が来ておりますゆえ、事務局のある東京もかなり冷えてきていますが、 そんな寒さに負けずにアツいコンサート、SNS担当としては広報もバリバリやっていきます! 2019年の東室ウィークリー、初週は事務局からのご挨拶とさせていただいたため特別編となりましたので、 実質今回が2019年のウィークリー始めと言っても良いでしょう。 そんなVol.78は、プリンシパルコンダクターの橘直貴(たちばな なおたか)氏に2019年の抱負、 これからの東室についてなど、沢山語っていただきました。 ぜひお読みください! 明けましておめでとうございます。 東京室内管弦楽団では、昨年も音楽を通じて本当にたくさんの皆さまとの心の繋がりや交流が持てました。 とてもありがたいことだなと、年の瀬のひととき一つ一つの公演を思い返しておりました。 そして、今年もまた新たな出会いや感動の瞬間を分かち合えることに期待が膨らみ、今から既にワクワクしております。 私たちは親しみと愛情を込めて当・東京室内管弦楽団のことを東室(とうしつ)と呼んでおりますので、この文章においても以下、東室と書いて参ります。 東室は創立90周年を迎える歴史…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.77】

    2019.01.04

    【東室ウィークリー Vol.77 特別編】 年賀状ではご挨拶させていただきましたが、改めまして 新年明けましておめでとうございます。 2019年第1号となる東室ウィークリーは事務局より新年のご挨拶と、 開催の決定しているコンサートにつきましてご案内をさせていただきたいと思います。 前回の東室ウィークリーでもお伝えしましたとおり、2018年は本当に様々な規模や形態で 様々なジャンルの音楽をお届けしてまいりました。 2019年も皆様に心から楽しんでいただけるよう、「求められる演奏活動」の理念の基、 事務局演奏家一同精進いたしますので、日々進化し続ける東室の演奏会にぜひご期待ください! また、3月29日には東室創立90周年として、サントリーホールで特色豊かな3公演を予定しております。 長年に渡る演奏活動の集大成としてのコンサート、ぜひ会場まで足をお運びいただければと思います。 東室の2019年最初の演奏会は富山県での「ぼくとわたしのコンサートデビュー」です! 1/5-6の二日間、2会場にて開催いたします! ■2019年1月5日(土) 新川文化ホール 大ホール 開演 15:30 (15:00開…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.76】

    2018.12.31

    【東室ウィークリー Vol.76 特別編】 クリスマスも終わり、もう大晦日です。 いよいよ明日からは2019年。 東室ウィークリーも2018年最後の更新となります。 1月初頭、富山県で恒例のファミリーコンサートから始まった東室の2018年。 主催の公演はもちろん、本当に多種多様な様々なコンサートに出演いたしました。 全てご紹介するととてつもない量になってしまうため、 ある程度まとめてとはなりますが東室の一年間(2018.年4月から)を振り返ってお伝えしたいと思います!     【主催公演】   「Chamber Music Style」は4月、11月と開催。 4月のop.10ではフォーレのマスクとベルガマスクをメインに、 2018年、生誕200年を迎えたロッシーニの絹のはしご序曲、チャイコの弦セレ、 そして当団コンマスの小笠原伸子さんによる、モーツァルトのトルコ風をお聴きいただきました。   11月のpp.11では物集女純子さん、小笠原伸子さんの両コンサートマスターと東室豪華メンバーによる弦楽五重奏で、 CMS初のサロンコンサートは満席の大盛況となりました。CMS.op.12…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.75】

    2018.12.21

    【東室ウィークリー vol.75】 今月半ばに入ってから、急に寒くなりすっかり冬真っ只中!という感じになってまいりましたね。 ウィークリー担当は手袋・帽子・マフラーのフル装備で毎朝寒さに立ち向かっています。 さて、今月3回目となりました東室の演奏家に聞く「楽器のメンテナンス&アクセサリー」、 今回のVol.75は首席オーボエ奏者の林憲秀(はやし のりひで)さんです! オーボエ奏者ならではの苦労やちょっと変わったグッズをご紹介いただきました! それではどうぞお楽しみください!   東室ウィークリーをご覧の皆様、こんにちは。 オーボエ奏者の林 憲秀です。 年の瀬はなにかと慌ただしいですが、そこで大掃除にちなんで、ということで楽器のお掃除について皆さんにご紹介させていただきたいと思います。 オーボエ奏者に限らず、管楽器は楽器に息を吹き込んで演奏するので、管内に水が溜まります。 汚い話とお思いかと存じますが、溜まっている水分中には、もちろん唾液も含まれているとはいえ、そのほとんどは外気より暖かい空気が管内に送り込まれたことによって発生する結露、要するに水蒸気なんです。 この水を放って…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.74】

    2018.12.14

    【東室ウィークリー vol.74】 早いもので今年も残り二週間とちょっとになりました。 もうすぐにクリスマス、年末と慌ただしい日々が続きますが、 そんな時こそ東室ウィークリーを読んで一息ついていただければ、と思います♪ 12月のテーマは「楽器のメンテナンス&アクセサリー」。 今週のvol.74は首席ヴィオラ奏者の河野理恵子(こうの りえこ)さんに 普段愛用しているグッズを写真と併せてご紹介いただきました! どうぞご覧ください!   こんにちは⭐️ 東京室内管弦楽団、首席ヴィオラ奏者の河野理恵子です。 今回のテーマは「楽器のメンテナンス&アクセサリー」とのこと。 私は、普段愛用している楽器関連のグッズやアクセサリーをご紹介します。 まずは、ヴァイオリン、ヴィオラ奏者が、安定した姿勢を保つ助けになる《肩当て》。 沢山種類があって、例えばこんな感じになります❣️ 東室violinのMさんにご協力いただきました😃(写真①) 私も長いこと使っていましたが、試しに外して弾いてみたら、鎖骨を通して伝わる響きが心地良く、…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.73】

    2018.12.07

    【東室ウィークリー vol.73】 12月に入りはや一週間。今年ももう残すところあと3週間程となりました。 この時期は仕事やイベント事などが建込み忙しくなりますが 良い年末年始を迎えられるよう、無事に過ごしたいものですね。 さて、12月の東室ウィークリーは、年末の大そうじというところから少し音楽方面に発想を飛ばして、 「楽器のメンテナンス&アクセサリー」です! 楽器を演奏する人にはあるある、またはグッズ選びの参考に、 演奏しない人には楽器のことを知って「なるほどなー」と楽しんでもらえれば嬉しいです。 vol.73の今回はホルン奏者の安田健太さんにホルンのメンテナンスや便利グッズを紹介していただきました! それではどうぞお楽しみ下さい。   こんにちは!東京室内管弦楽団ホルン奏者の安田健太です。 普段皆様にお聴きいただいている我々オーケストラの演奏は、想いの媒介である楽器なくしてはあり得ず、 その充実した旋律を奏でるには、楽器のご機嫌も伺いながらリハーサルを進めなければなりません。 楽器が不機嫌ですと、どんなに素晴らしいテクニックも活かしきることが出来なくなってしまいま…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.72】

    2018.11.23

    【東室ウィークリーVol.72】 あっという間に、11月も後半となりました。そろそろ年の瀬ですね。 冬らしい季候になり寒い日が続いております。 体調を崩されぬよう、防寒はしっかりしていきましょう! さて、今回の東室ウィークリーVol.72は、 当団パーカッション奏者の出戸絢奈さんに 今月のテーマ「演奏会前、演奏会後におすすめの飲食店」をご紹介いただきます♪ それではどうぞ!   芸術の秋🍁深まり… 平成最後の「食欲の秋🍴✨」も、佳境を迎えて参りました~(*’ω’ノノ゙☆パチパチ☆ 炊きたての白いご飯に勝るグルメ無し🍚💕 打楽器奏者の出戸 絢奈(でと あやな)です。 今日は、よく行くリハーサル会場や、ホール近くの一押し飲食店ということで、 私の「勝負メシ」を御紹介いたします(*^^*)/ …ということで改めて考えてみると、練習の帰り道、本番に向けて、 よし❗と気合いを入れたい時、気が付けば、 「とんかつ」を選んでいることが多いです‼️ オススメのお店はいっ…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.71】

    2018.11.16

    【東室ウィークリーVol.71】 東室事務局付近にあるイチョウ並木もだいぶ銀杏の匂いが落ち着き、葉が落ち始め、 冬の足音が少しずつ聞こえてきています今日この頃。 みなさま如何お過ごしでしょうか。 今週も東室ウィークリーVol.71をお届け致します。 今回は、料理好きと噂の当団トランペット奏者、津守祥三さんに 11月のテーマ「おすすめの飲食店」をご紹介いただきたいと思います♪ お腹が減っている方は要注意です… それではどうぞご覧下さい。 皆さんこんにちは。 東京室内管弦楽団でトランペットを吹いています、津守祥三です。 今回僕がご紹介したいお店は大宮駅の駅ナカにあります「すし兆」というお店です。 大宮駅はみぬま福祉会さんの支援コンサートで当団は毎年伺っております。 また、新幹線も通っている駅なので富山や福島公演の際も必ず通過する駅です。 僕も普段の仕事の中で月に何度も訪れる駅で、利用頻度が高い方も多いのではないでしょうか?   さて、このすし兆さんですが、カウンターで6~7席程しかない小さなお店です。 板前さんが1~2人常にいてその場でお寿司を握ってくれます。 品揃えが凄く多いわ…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.70】

    2018.11.09

    【東室ウィークリーVol.70】 最近は昼夜の寒暖差が激しく、着るものに毎日困っている今日このごろです。皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて本日は再開から2回目、東室ウィークリーVol.70をお届けします! 前回もお伝えしたとおり、今月のお題は「おすすめの飲食店」。コンサートホールやリハーサル会場付近にある美味しいお店を東室の演奏家たちが紹介します。 今回は当団バイオリン奏者の齋藤友香理さんです! それではどうぞ! バイオリン奏者の齋藤 友香理です。 今月の東室ウィークリーは、オススメのお店がテーマということで、 お酒と食事のマリアージュを趣味にしている私のオススメのお店よりご紹介させていただきます。 一軒目は、池袋です。 私達の練習や本番で東京芸術劇場を使用することがよくあります。 その時、ランチや夜のコミュニケーションでよく使うお店は、 中国料理店の【祥龍房(しょうりゅうぼう)】です。 お店は、東京芸術劇場正面をでて、西口公園を横切りセブンイレブンの二階にあります。 ママさんと常連さんが呼んでいる方は、いつも笑顔で気持ちの良い対応をしてくれます。 ランチでは、サラダ、ドリンク、杏仁…
    [続きを読む]