a

2018-2019
season

東室ウィークリー

東室ウィークリー

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.58】本日更新!

    2017.10.17

    【東室ウィークリー Vol.58】 当団メンバーの”今”をお届けする、Facebook・twitterのコンテンツ、 《東室ウィークリーVol.58》本日アップ!   今週はハープ奏者の梅津三知代さんです。 10/19平日マチネで採り上げるモーツァルトの協奏曲のお話と、ハープについてお話いただきました!   是非ご覧ください! こんにちは。ハープの梅津三知代です。 東京室内管弦楽団のコンサートシリーズ「平日マチネ」第3回 をお楽しみいただくために、 今回演奏いたします「フルートとハープの協奏曲」について書きたいと思います。 ハープ奏者にとって大変重要なレパートリーであり、今や世界一有名なハープ作品といえるこの曲は、 偶然と奇跡が重なったかのような存在なのです。 現在使用されているコンサート用グランドハープは、今の形に完成されたのは1800年を過ぎてのことです。 モーツァルトのこの作品の誕生は1778年なので、この当時のハープはサロン用の少し小ぶりで機能も異なる楽器でした。 この頃パリではハープブームが起きていました。 フランスに嫁いできたマリー・アントワネットがハープを弾いたことから➡…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.57】本日更新!

    2017.10.15

    【東室ウィークリー Vol.57】 当団メンバーの”今”をお届けする、Facebook・twitterのコンテンツ、 《東室ウィークリーVol.57》本日アップ!   今週はソロ・首席フルート奏者の吉田雅信さんです。 10/19平日マチネで採り上げるモーツァルトの協奏曲の聴きどころなどお話いただきました!   是非ご覧ください! こんにちは。フルート奏者の吉田雅信です。 当団主催のコンサートシリーズ 「モーツァルトプログラム」の 第3回公演が10月19日に迫ってまいりました。 この企画は平日の午後にモーツァルトの音楽で、 皆様にホッとするひと時を持っていただけたらという主旨でスタート致しました。 毎回たくさんのお客様がご来場下さり、演奏者と共にアットホームな雰囲気の中でもう3回目を迎えます。 今回はプログラム中のフルートとハープのための協奏曲を演奏させていただきます。 この曲はモーツァルトが22歳の時にフルートとハープの愛好家であったパリの貴族の父娘の為に書かれました。 作曲の間 色々トラブルがあったようですが、 生まれ出た作品は今日でもモーツァルトの作品の中で最も愛される曲のひとつに…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.56】本日更新!

    2017.10.06

    【東室ウィークリー Vol.56】 当団メンバーの”今”をお届けする、Facebook・twitterのコンテンツ、 《東室ウィークリーVol.56》本日アップ! 今週は首席トランペット奏者の多田将太朗さんです。 10/7公演で採り上げるネルーダのトランペット協奏曲の事などお話いただきました! 是非ご覧ください! 東室ウイークリーをご覧の皆様、こんにちは。 トランペット奏者の多田将太郎です。 いよいよ10月7日に迫ってまいりました、「Chamber Music Style op.8」のご案内です。 今回は、 〜煌めくトランペット 躍動するオーケストラ〜 詳細→http://tco.or.jp/2017-2018-autumn-chamber-music-style-op-8/… ということで、 “Chamber Music”に相応しいプログラムになっていると思います。 大編成オケには大編成なりの響きの重厚さや、圧倒的なパワーで作り出せる音色がありますが、小編成オケならではの楽しみといえば、その機動性とメンバーそれぞれの音をより身近に味わえる点ではないでしょうか。…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.55】本日更新!

    2017.09.30

    【東室ウィークリー Vol.55】 当団メンバーの”今”をお届けする、Facebook・twitterのコンテンツ、 《東室ウィークリーVol.54》本日アップ! 今週はトランペット奏者、そして当団のエディケ―ション・プログラム・アドバイザー/作曲家/編曲家の 三澤 慶さんです。 ご自身の創作活動に於ける”相棒”の話を聞かせていただきました! 是非ご覧ください! 去る9月15日の夜、たくさんの時間を共有し、 たくさんの音楽を共に作って来たかけがえのない友人が突然逝ってしまった。 10月7日の東室「Chember Music Style Op.8」で初演を飾る新作「Trois Berceuses」が 出来上がる間際での事だった。 そう。彼は我々の新作の完成を見届ける事なく、逝った。 「今日は少し疲れたから、しばらく眠りたい。」と言って目を閉じたまま、 2度と目を覚ますことはなかった。 完成を見届けられなかったとは言え、曲の最終盤までは普段と変わらず、 共にそれぞれの作業に没頭した。いや、今思えば予兆はあったのだ。 こちらが話しかけても返事が帰ってこない事が、今にし…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.54】本日更新!

    2017.09.21

    【東室ウィークリー Vol.54】 当団メンバーの”今”をお届けする、Facebook・twitterのコンテンツ、 《東室ウィークリーVol.54》本日アップ! 今週はソロ・コンサートマスターの物集女純子さんです。 「Luxury Classics 土曜日マチネ 〜ViolinLover’s〜」の曲目の話、 そしてジュリアード時代のお話など聞かせていただきました! 是非ご覧ください! こんにちは。物集女純子です^^ 当団が今年から夏と秋に横浜みなとみらい小ホールでスタートした新シリーズ「Luxury Classics」。 秋の公演「Luxury Classics 土曜日マチネ 〜ViolinLover’s〜」がいよいよ後1週間に迫って参りました。 今回はみなとみらい小ホールという響きのとても美しいホールで東室サウンドを堪能して頂きたいと思い、 数々の名曲をご用意致しました。 そこで、当日のプログラムについて、書かせていただきました♪ まずオープニングはイタリアの作曲家、ジョキアーノ ロッシーニが作曲しました「チェネレントラ」というイタリ…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.53】本日更新!

    2017.05.11

    【東室ウィークリー Vol.53】 当団メンバーの”今”をお届けする、Facebook・twitterのコンテンツ、 《東室ウィークリーVol.53》本日アップ! 今週はチェロ奏者の加藤晧平さんです。 地域の伝統を守り、子どもたちに音楽の楽しさを広めていく活動は大切なことですね。 東室でも、若手演奏家の一員として東室の伝統を受け継いでくれています♪ 是非ご覧ください! こんにちは。チェロの加藤皓平です。 私が初めて東京室内管弦楽団(以下、東室)で演奏させて頂いた日は、音楽鑑賞教室でした。それから約8年ほどお世話になっております。 去年から私は地元である埼玉を離れ、ご先祖の出身地である山形県尾花沢市に移り住み、東北から東室に通っております。 東室のチェロ奏者を務める傍ら、尾花沢市内各地区や小中学校にお邪魔して美味しい芋煮や山菜をいただきながら、地域の伝統行事への参加、チェロの演奏やコンサートの企画、子ども達と手作り楽器の作成などの仕事をしております。 東室の音楽鑑賞教室でのプログラムや、先輩方の解りやすい楽器説明は、私がいつも子ども達の前で演奏する際の模範になって…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.52】本日更新!

    2017.04.27

    【東室ウィークリー Vol.52】 当団メンバーの”今”をお届けする、Facebook・twitterのコンテンツ、 《東室ウィークリーVol.52》本日アップ! 今週はヴァイオリン奏者の門野由奈さんです。 ハンガリーで音楽を学んだ門野さんだからこそ聴くことのできる、音楽の話をしてくれました。 是非ご覧ください! 東京室内管弦楽団ヴァイオリン奏者の門野由奈です。 私は色々な縁と成り行きで、高校を卒業してすぐにヨーロッパの東にあるハンガリーに渡り、リスト音楽院を卒業しました。 クラシック音楽の本場はヨーロッパと言っても、ハンガリーは少しマイナーです。 日本でもドイツの都市でしたよね?とか、そもそもどこにありましたっけ?なんて質問をされるくらいです。 それでも、リスト、バルトーク、コダーイなど著名な作曲家も多く、クラシック音楽の歴史に欠かせない国であると自負しています。 地方の民謡を収集し楽譜に起こし、そして作曲にも生かしたコダーイやバルトークの曲は、のんびりしていて温かく、でもちょっと暗くてネガティブなハンガリー人そのものです。 実は昨日まで、2010年に卒業して…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.51】本日更新!

    2017.04.20

    【東室ウィークリー Vol.51】 当団メンバーの”今”をお届けする、Facebook・twitterのコンテンツ、 《東室ウィークリーVol.51》本日アップ! 今週は打楽器奏者の寺田由美さんです。 普段の練習方法についてお話してくれました。 打楽器の基本、スネアドラムの練習について知ることができます♪ 是非ご覧ください! 皆様、こんにちは。 東京室内管弦楽団打楽器奏者の寺田由美です。 今年の季節の変わり目は例年に比べて寒暖の差が大きく、お身体の調子を崩された方も少なくないと思います。 何があっても本番をキャンセルすることができない我々音楽家は身体が資本!体力が勝負!です。 日々の体調管理に細心の気配りをすることは言うまでもありませんね。 打楽器の先輩から声をかけていただき東京室内管弦楽団(以下東室)に初参加してから、かれこれ30数年以上になります。(勤続年数ベスト10に入るはず!) 最初の本番はスクールコンサートでしたが、多彩なプログラミングのコンサートを企画する東室では、クラシックから映画音楽、ポピュラー音楽などジャンルを超えたステージをたくさん経験させて…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.50】本日更新!

    2017.04.14

    【東室ウィークリー Vol.50】 当団メンバーの”今”をお届けする、Facebook・twitterのコンテンツ、 《東室ウィークリーVol.50》本日アップ! 今週はヴィオラ奏者の渡辺康仁さんです。 弦楽器に使われる弦についてお話をしてくれました。 様々な素材でできた弦、皆様も機会がございましたら是非聴き比べてみてはいかがでしょうか♪ 是非ご覧ください! 皆様こんにちは。 ヴィオラ奏者の渡辺康仁です。 東京室内管弦楽団の演奏に初めて参加したのは2013年にスタートした「魔法少女まどか☆マギカ」のオーケストラコンサートでした。 当時そういった劇版音楽などのコンサートに不慣れだったので、リハーサル当日譜面台の上に置かれた40曲以上の楽譜にとても慌てた事を覚えています。 それ以来、劇版音楽やゲーム音楽、音楽鑑賞教室、紀尾井ホールでの定期演奏会などのコンサートを経験豊富な東室の先輩方に囲まれながらたくさんの経験を積ませて頂いております。 さて今回は弦楽器の演奏には欠かせない弦についてお話したいと思います。 一言に弦と言いましても現在では数え切れないほどのたくさんの種…
    [続きを読む]

  •                    

    【東室ウィークリー Vol.49】本日更新!

    2017.04.07

    【東室ウィークリー Vol.49】 当団メンバーの”今”をお届けする、Facebook・twitterのコンテンツ、 《東室ウィークリーVol.49》本日アップ! 今週はヴァイオリン奏者の磯晃男さんです。 ヨーロッパで様々な経験を通して学んだ事をお話してくれました。 4月18日の【Chamber Music Style op.7】がますます楽しみになります♪ 是非ご覧ください! 東京室内管弦楽団のヴァイオリン奏者の磯 晃男です。 私が最初に東室さんでお仕事をさせていただいたのはドイツから帰国後数年目に、ヴィオラで声をかけて頂きました。 その事を80歳になる、ヴィオラ奏者でもある父に話をしたら先ず出てきた言葉は「おー!岩窪さん元気か?!」という言葉でした。 父がまだ若いときに仕事をしていたオーケストラで自分も仕事させて頂ける事は大変光栄なことです。 私は父から音楽の厳しさ、その後沢山の恩師から音楽の楽しさ、歌い方、話し方の大切さを教わりました。 私は大学時代に運良くD.Oistrakh(ロシア・ウクライナのスーパーヴァイオリンニストです)に直接師事されたというPr…
    [続きを読む]

3 / 41234