2017-2018
season

東室ウィークリー

東室ウィークリー

【東室ウィークリー Vol.58】本日更新!

更新日:2017.10.17 

【東室ウィークリー Vol.58】
当団メンバーの”今”をお届けする、Facebook・twitterのコンテンツ、
《東室ウィークリーVol.58》本日アップ!
 
今週はハープ奏者の梅津三知代さんです。
10/19平日マチネで採り上げるモーツァルトの協奏曲のお話と、ハープについてお話いただきました!
 
是非ご覧ください!

こんにちは。ハープの梅津三知代です。
東京室内管弦楽団のコンサートシリーズ「平日マチネ」第3回 をお楽しみいただくために、
今回演奏いたします「フルートとハープの協奏曲」について書きたいと思います。
ハープ奏者にとって大変重要なレパートリーであり、今や世界一有名なハープ作品といえるこの曲は、
偶然と奇跡が重なったかのような存在なのです。

現在使用されているコンサート用グランドハープは、今の形に完成されたのは1800年を過ぎてのことです。
モーツァルトのこの作品の誕生は1778年なので、この当時のハープはサロン用の少し小ぶりで機能も異なる楽器でした。

この頃パリではハープブームが起きていました。
フランスに嫁いできたマリー・アントワネットがハープを弾いたことからパリの貴族に流行し演奏家や教師が増加作曲家の目にとまり作品が生まれる演奏レベルが上がる楽器も改良される・・・ というめざましい発展をとげるわけです。

それまで芸術楽器とはおよそ呼ばれなかったハープが脚光を浴びる時代となりました。ハープはこの後さらに飛躍しますが今日はここまでにします。

モーツァルトはパリの貴族ド・ギーヌ公爵父娘のためにこの作品を書きました。公爵はフルート愛好家で、令嬢はハープを弾き、作曲をモーツァルトに習っていたそうです。すばらしい経緯での作品誕生を思うと、モーツァルトにも公爵にも感謝の気持ちしか起きません。ありがたく演奏いたします。

ところで、「モーツァルト効果」という言葉をご存知ですか?
モーツァルトを聴くと頭がよくなる、とか血圧が下がる、とか。農作物や花にもよい効果があるそうですね。
お酒にも。私はモーツァルトを弾くと細胞が活性化して若くなる気がしています。
たくさん弾けば…? アンチエイジングですね。

リニューアルしたサントリーホールで、モーツァルト効果をみなさんご自身で実証する最適な機会です。
10月19日14時半開演! お待ちしております。
私もド・ギーヌ公爵令嬢になりきり、お父さんのフルート(吉田さん)と共演します、よ。


今週は梅津三知代さんでした!
フルートとハープのための協奏曲をこの世に残してくれたモーツァルトに感謝して、演奏家一同演奏したいと思います!

フルートとハープ、そしてオーケストラの素晴らしい音色を、平日の午後、サントリーホールでお楽しみください♪

画像は本日のリハーサルの様子です^^

25番のシンフォニーも、番号なしのト長調、ヘ長調も必聴です!

10/19、14;30開演です!
皆様是非サントリーホールブルローズにへお越しください^^
詳細はこちら→http://tco.or.jp/2017-2018-matine-act3/