プロフィール
プロフィール

プロフィール

新しい「感動」と出会えるオーケストラ———
1928年創立。80年に及ぶ伝統と多くの実績をもつ首都・東京の代表的な室内管弦楽団です。
プリンシパル・コンダクター橘直貴、レジデント・コンダクター菅野宏一郎、ミュージックパートナー・コンダクター志村健一、そしてメンバーは、国際・国内コンクール入賞者、現在活躍中のきわめて評価の高い演奏家を主力に、将来活躍が期待されている若手指揮者・演奏家(国内・海外)の起用・育成をはじめ、演奏内容により多くの客演奏者(海外招聘など)を交え演奏に臨んでおり、その多彩な演奏形態は、音楽的にも一般的な組織によるオーケストラと異なるところです。

1954年より、故いわくぼささを が代表・音楽監督指揮者となり、<求められる演奏活動>を掲げ、クラシックはもとより、音楽全般、ジャンルの枠を超え独自の編曲による映画音楽、タンゴ、ポップス、歌謡曲、演歌、アニメ…等、いち早くとり入れたオーケストラです。

1964年より全国の学校を対象に<オーケストラ鑑賞教室>を展開。
以来、「教育演奏活動」は最も力を入れている活動のひとつであり年間およそ50公演に及びます。

海外公演に於いては、1968年、日・琉・米親善文化使節として民間のオーケストラとしては戦後初の琉・米公演を行い1975年、日・比親善公演を行うなど国際的にも活躍。

1980年代後半には、ゲーム音楽の分野にも積極的に取組みレコーディングや演奏など活動の幅を広げ、2014年には日本初のゲーム音楽専門のオーケストラ「GAME SYMPHONY JAPAN」のレジデントオーケストラとして、年間を通して定期的にゲーム音楽を演奏しているのも特徴の一つです。

自主公演(定期演奏会)では主に古典から後期ロマン派の作品をとり上げるシリーズとして「Theファンタジーオブクラシック」(紀尾井ホール・年2公演)、室内楽の可能性を様々なアプローチで提唱する「Chamber Music Style」(東京文化会館小ホール・年3公演)、平日の午後、14:30開演「平日マチネ」(サントリーホール ブルーローズ・年2公演)、「管弦楽と合唱作品シリーズ」、0歳から入場可能なコンサート「ぼくとわたしのコンサートデビュー」など、<求められる演奏活動>の理念に基づき既成の枠にとらわれないプログラミングにより新たに幅広いファン層を
広げています。

“クラシカルオーケストラ”と”ポップスオーケストラ”の両面を併せもつ希有なオーケストラとして、
温かく伝統に彩られた格調のある音色はジャンルを問わず、様々な方面から高い評価を得ております。

 

The Tokyo Chamber Orchestra was founded in 1928,
and is a typical orchestra with more than 80 years of tradtion and achievements .
Since 1954, the late Sasao Iwakubo becomes the representative, conductor, and a music director.
He raised the required performance activities in Japan, collaborating with the non-cllassical artists,
and arrannging film music, tango, popular music with his own originality,
which the orchestra has taken this style at the earliest stage.

Since 1964, expanded the “orchestra appreciation concert” classes for schools nationwide.
In particular in the fields of educational performance activities,
started from an early stage when the television was first broadcasted,
such as programs for schools on NHK TV, light music programs , FM radio etc.
Also , has gained quite a reputation in many areas and in educational institutions .
As a pioneer in the orchestra appreciation concert classes,and performing educational
activities,have now still praised highly in the world of education,
which is one of the activities we focus on the most.

In 1968, as a cultural ambassador goodwill for Okinawa/Japan/USA,
and as a private orchestra first performing publicly after the postwar for Okinawa/Japan/USA,
and in 1975, goodwill public performance for the Philippines/Japan ,
its activity has earned a high reputation.

Activities including independent and co-sponsored performances nationwide,
including more than 70 requested stages per year,TV cast, recordings, welfare activities,
goodwill memorial concerts,and a wide range of activities to those individual sponsored schools.

Members primarily playing (mostly international and domestic competition winners,etc..experienced in orchestra worldwide,
specialized courses in international flagship and College of music,participating in the teaching profession in Chamber music)
are evaluated highly for their performances.
Also, appointing and trainig young conductors and musicians (domestic/overseas)whose future are highly expected,
we also invite many guest musicians abroad depending on the contents of a performance.

 

シンボルマークとキャラクター

ロゴ

東京室内管弦楽団シンボルマーク

全音符をモチーフに、3つの全音符で結ばれたリングには それぞれの頭文字を合わせ

1.audience(お客様・聴衆)
2.organizer(主催関係者の皆様)
3.orchestra(オーケストラ)

この三者を3つの”全音符”とし、 共に喜び心と心が響き合う瞬間を大切にとの思いを3つの全音符に込め、 私共オーケストラの理念でもある”求められる演奏活動”の象徴として表現しております。

キャラクター

東京室内管弦楽団シンボルマーク

誰もが知ってる”ドレミファソラシド”。 そんな”ドレミファソラシド”のように、沢山の可能性を秘めている子供たちに、”オーケストラ”を”音楽の楽しさ”を、より身近に感じてもらいたいという思いから”れみ””そら””ピッピ”は生まれました。
小鳥のピッピは、彼らが音を奏でると、ピッピと鳴きながら踊ることから”ピッピ”と名づけました。
また、ブタは世界的に縁起が良いとされており、キレイ好きでとってもキュートな動物です。 当楽団もクリーンで親しみ愛されるオーケストラを目指しております。